アドバンスドシステムテクノロジー
(株)アドバンスドシステムテクノロジー
  • 番号:03-3237-1631
  • (株)アドバンスドシステムテクノロジー

メッセージ

  • メッセージ
  • 証券・金融システム

    証券システム開発

    1. 当社は、ディーリングシステムをはじめ、ポジション管理など証券業務を得意とし事業を展開してまいりました。
      証券アナリストをはじめ、証券外務員資格を有する社員によって、お客様が満足できる体制を整え、 より良いシステム作りを目指し開発を進めております。

    金融システム開発

    1. 金融システムにおきましては、現在「クラウドファースト」の波が押し寄せ、金融業界では難しいとされておりましたクラウド導入の動きが大きくなってきております。 一部の金融機関ではクラウド化も進み、数年後には、ほとんどの金融機関でクラウド化されることと思われます。
      当社としては、オープンシステムによる勘定系システム開発などに携わり、技術を蓄積してまいりました。今後におきましては「クラウドファースト」として提供できる技術をより高め、お客様に技術提供を進めております。
  • メッセージ
  • エネルギー

    ガス・システム

    1. ガス事業者向けの顧客管理システムは、顧客の管理を始め、検針データの取り込み、課金管理、請求処理など、様々な機能群で構成されております。
      エネルギーの自由化に伴い、顧客獲得戦略が待ちから攻めに変わった現在、重要性が高まっている顧客関係管理(CRM:Customer Relationship Management)は、私たちが得意とする分野です。 顧客情報を通して、お客様の求めに合わせた最適な情報提供や、経営面からも利用できるシステム提供が、今後を左右すると日々努めております。

    電力・スマートメーター通信システム

    1. 現在、国内ではスマートメーター(通信機能を備えた電力メーター)の導入が進んでおり、今後遅くても2024年までに従来の電力メーターからの置換えを完了する予定で進めております。
      スマートメーターは、IT技術を駆使して、電力の最適需給を達成し、エネルギーの効率的な利用による地球環境保護を目指す革新的なデバイスになると考えられております。 当社ではそのスマートメーター利用を見据えた一連のシステムに携わり、今後のエネルギー問題を解決できるシステム作りに努めております。 また、将来に向けて、家電との連携、電力消費量のデータを利用した各種サービスの提供が考えられております。
  • メッセージ
  • 通信

    通信事業者システム

    1. 通信事業者向けシステムには23年程前から携わり、固定電話から携帯電話への時代の移り変わりを見てまいりました。
      担当したシステムは、代理店、顧客管理、料金精算など、交換機から受け取る通話記録「呼情報(コジョウホウ)」から料金精算までさまざまなシステム開発を担当してまいりました。 これからも未来を見据えたシステム作りに携わってまいります。
  • メッセージ
  • 運輸

    旅客システム

    1. 旅行販売システムは、商品企画、仕入、商品造成、販売、精算・実績の大きく5つのシステムに分かれ構成されております。
      ビジネスモデルはB2B中心からB2C中心に変革しており、従来のパンフレット中心の販売モデルから豊富な素材を利用者が好きなように組合せ旅程を組む事ができるWeb販売が中心となり、 旅行素材の充実、新しい販売チャネルの開拓など、顧客への利便性、高付加価値の提供を、迅速に対応することが求められるシステムです。
  • メッセージ
  • その他

    チケッティング

    1. チケット販売システムに長く携わり、プレイガイドでの発券に始まり、電話、コンビニ、Webと進化に対応してまいりました。
      チケッティングの難しさは、一度作れば終わりとはならず、興行に合わせて席が替わり、そのチケット販売の管理をしなくてはなりません。
      現在では、購入者の志向に合わせ、情報を発信をするなど日々進歩を続けています。

    中央省庁/その他行政機関

    1. 中央省庁、地方自治体など行政分野のお客様の業務改革およびシステム刷新として、さまざまなシステムを担当してまいりました。
      行政分野のシステムにおいては、「技術革新の取り込み」をベースとして「信頼性・安全性」「継続的なサポート」が求められ、 さらには「住民の利便性の向上」「高付加価値サービスの提供」など、時代とともに発生する課題解決が要求されております。
      その課題に対し、継続的に最適なシステムを提供し続けるために、時代とともに必要とされる技術を磨き対応を進めております。

    top page

    home page